<< 完璧な休日 | main | 冬のできごと >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.25 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


新日本プロレス 東京ドーム大会 

 「パパ、ホントに大きなメロンパンみたいだね。」

 次男が天井を見上げながら言った。

 「照明が強くて目がチカチカするね。」

 長男が言った。


 七色のカクテルライトが照らす裸の男達の闘い絵巻。

 新日本プロレス@東京ドーム大会に来た。

 
 プロレスはプロレスというジャンルにおける真剣勝負。

 プロレスを「キワモノ」「八百長」と揶揄する世の中だが、そう思っているヤツはそれでいい。

 猪木は世間を相手に現役当時から闘っていた。

 何とか世間の目をプロレスに向けてもらおうとしていた。

 プロレスが全て芝居なら、芝居で命を落とす人間がいるだろうか。

 それが僕のプロレスに対する答えとリスペクトです。


 非常に素晴らしい興業だった。

 どの試合もよかった。

 全体としてもまとまっていた。

 
 しかしこの日、一番の興奮で会場をさらったのは、中村あゆみさんだった。

 鈴木みのるの入場時に中村さんがステージで「風になれ」を熱唱した。

 彼女のロックンロールに僕も痺れた。


 プロレス初心者のお客さんも満足したに違いない。

 昔のようにはいかないが、客席も埋まっていた。

 
 興業が全て終了して車に乗って息子達に聞いてみた。

 「どの試合が一番良かった?」

 「オレは桜庭と中村。」と次男。

 「オレは永田と鈴木。」と長男。

 「メインは?」と聞くと、

 「あの二人がやればメインはいいに決まってるよ。」と長男が答えた。

 随分とプロレスが分かってきたんだな。


 個人的には桜庭和志さんに注目している。

 日本に総合格闘技ブームを巻き起こし時代を作った男だ。

 桜庭さんのついてはまた別の機会に書いてみます。


 そんな感じで僕は完璧な休日を過ごしたんだ。


 桑村よしくに




 


スポンサーサイト

  • 2013.04.25 Thursday
  • -
  • 18:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM